スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7日目

今日はカミンのゲストが来るらしいので、荷物を片付けていると
カミンが食事に誘ってくれた。
食堂に行く車の中で、カミンがオススメの寺院があるから朝ご飯の後に行ってきたらと言うので、街もまだお店が空かない時間なので、折角なので行ってみることにした。
ちなみに朝食はカミンが毎朝行っている食堂でタイカレー、、、朝からタイカレー。
スゲェな、タイ人。胃が丈夫。
カミンお勧めのココナッツミルクのグリンカレーと、ナマズのフライのレッドカレーを頼んだ。
グリーンカレーはそんなに辛くもなく、まろやかで超美味。
ナマズは、小さいナマズの輪切りが揚げて入れてあるので、背骨がとっても食べにくさを助長。
しかも、案の定ヤバい辛さの唐辛子を食べる。
もう、何をしていいのかよくわからない。
パニクりながら生水をガブガブ飲む。。。。
あぁ、、飲まないようにしてたのに、一応。
全然辛さは収まらない、、、で、カミンの皿を見るとしっかり唐辛子をよけている。
タイ人でも唐辛子食べないんじゃん!!
日本人だし、残しちゃいけないって思うじゃん。
食べられないヤツを入れっぱなしにしちゃダメだって。。。。

で、まぁ、そんなこんなで寺に行くためのバスストップまで車で乗せて行ってもらう。
バス停にはおっちゃんが4人ぐらいいて、カミンが行き先やら値段やらの話をつけてくれた。
あぁ、、、ありとうカミン。
それが終わると、カミンはゲストを迎えに空港へ。。
バス停のおっちゃんは、まぁ、ここにでも座っとけと椅子を勧めてくれた。
しばらくすると、観光のおっちゃんが一人やってきた。
韓国からの観光客の様で、バスを待っている間色々話す。
お互いの国のことを少しでも話せるとスムーズに行くもので
盛り上がってあれこれ話していたが、いっこうにバスが来ない。
おっちゃん待ちくたびれたのか、向かいの定食屋へご飯を食べに行く。
多分この時点で1時間ぐらい待っている。
もう街のお店開いちゃうじゃん、、、、
けど、ここは外国だし、、タイ人のようにマイペンライってな感じで
のんびり待ってやろう。。。。
けど、10時になったら絶対移動しようと誓い、待ち続ける。
バス停のオッサンは。手を広げて「後5分」を延々繰り返す。。。
で、10時を回った頃、韓国人のおっちゃんがしびれを切らしバス停のおっちゃんに詰め寄ると、
「10人集まらないと出発できない。」と言い出す。(まぁ、看板にも書いてあるが、略語やらでよくわからない)
天気は生憎の雨。
待ってたって観光客なんか来るはずが無い。
おっちゃん「今すぐ出すなら片道200バーツ」と言い出した。。。
200って正規料金の5倍じゃん。。。。
このバスから観光できる場所は3カ所あって
3カ所全部を回って帰ってくると往復180バーツ。
1箇所(僕は寺だけなのでコレ。)往復だと80バーツ。
もし、10人集まったとして、全員が1カ所しか行かないと
合計の金額は800バーツ。
今は二人なので、二人で800バーツ回収しようと思ったら、
単純計算一人往復で400バーツ払わせればいいわけだ。
なるほど。
ちなみに、韓国人のおっちゃんは全部回るのでプラス20バーツのみ。
だけど、1カ所しか行かないと5倍。。。
ぼったくりじゃん。
なんかムカついてきたので、おっちゃんに
「来るのが遅すぎる。待ってもこんな天気じゃ人も来ないし、街の店も開くから、もう乗らない」
と、伝えバス停を後にする。

タイはスクーターに乗りながら傘をさす。。。
SANY0076.jpg


で、チェンマイ大学の美術館でやっていた、
ファインの学部生の展覧会を見に行く。
チェンマイ大学はバカでかい大学で、辺り一面、平野から山まで全部大学という、
どっかの筑波みたいな感じの大学で、当然美術館も広い。
一個の作品が結構面積を占有できている。
作品自体も悪くない。
こないだ見た、東京の卒展とはまた違う。
どこでやっても地域色はあるんだろうが、海外の学生の展覧会をまともに見るのは初めてだったので
偏っている東京の展示よりも(技術はそんなに無いが)面白いと思った。

そのあと、屋台でつまみ食いをいながら、ぶらぶらする。
しばらく歩いていると、レンタサイクルの店を発見。
この1週間ぐらい、毎日結構な距離を歩いていたので
正直歩くのに疲れていた。。。。
店の人に値段を聞くと、1日50バーツ。
安いじゃんと思い、さっそく借りる手続きをすると
それでは、2日間で500バーツになります。。。。。
、、、、何!?
なんだか聞き間違えたらしく、1日250バーツらしい。。。。
けど、まぁ、、しょうがないので借りることにする。
日本だと1日750円自転車乗り放題。
そう考えると安い。。。。と言い聞かせた。

で、借りた後は、またランドのオフィスでメールを見に行く。

今日はスタッフは一人のようだ。。。
8月に市内でカフェをオープンさせる予定のオムちゃん。
年上だと思い込んでいたのに、1個下だった、オムちゃん。
それでまぁ、しばらくネットをしていると
若いニーチャンがオフィスにやってきた。
SANY0077.jpg

ランドのプロジェクトのことを知ってやってきたらしいが
なんと、ブラジルの学生。
しかも日系で、お母さんは日本人。
鞄の中には村上春樹の海辺のカフカポルトガル語バージョン、
お母さんは愛知出身。
という、へんてこイケメン。
それで、折角なのでインタビューもさせてもらうことに。
詳しくは動画をご覧くださいだが、
ブラジルの若手アーティストも、マーケットが小さくて開かれていないので
生活と両立できずかなり大変らしい。
結局オフィスのクロージングまで話していた。。。。。(オムにごめんと言われて気がついた。)

皆と別れ、自転車も手に入ったことだし、遠くの田舎のアートスペースを
見に行くことにする。
スペースは自転車で30分ぐらい。
すごいカントリーサイドの奥の奥って感じ。
中をのぞくといい感じの展示をやっていた。
あとでカミンからそこは、コジットの弟が運営しているギャラリーとのこと。
早く言ってよ。。。。とは、思っても口に出さない。

展示を見てカミンの家にもどると、ちょうどゲストをカミンが送るところに出くわした。
「一時間ぐらいで帰ってくるからシャワーでも浴びてな。帰ってきたらみんなで夕食に行こう。」とカミンに言われたので、
言われるままにシャワーを浴びていると、30分もしない内に帰ってきた。。。。
外から呼ぶ声が聞こえるが、出られるはずも無く。。。
っていうか、さっき自分で言ったこと絶対忘れてる。。。
それか体内時計が狂ってる。。。
ほんで、慌てて降りて行くと、なにやらお客さんとパソコンを見ている。
お前も見ろと言うので、見てみると、仏像の写真やお寺の写真だった。
なんでも、写真家の人でインドから帰ってきたところらしい。
一緒にいる人は奥さんだろうか?

で、一通り見た後に、カミンオススメのレストランに連れて行ってもらう。
行きの車の中で、奥さん(?)と話をしていると、なんと彼女らは台湾の人らしい。
しかも、来週くるなら電話番号教えてあげるわよ。みたいに言ってくれた。
おぉ、なんかすごくいいタイミングだ。
昼間のブラジル人といい、海外から来るいろんな人たちと知り合えるなぁ、、ココ。
で、レストランに到着。
しばらく歩くと、辺り一面電飾と花だらけ。
何じゃこりゃ?!!
すごいハイソな感じのビアガーデンみたいな感じ。
(ハイソな庭とビアガーデンな電飾)
あんた、、、俺だけだったら絶対こんなところ来なかったでしょ。。。。
って、まぁ、カミンと二人でこんなとこに来ても困る。。。。
女の子と来るか、接待で来るかって感じだ。
しかも、目の前の池の対岸からは、チェンマイの夜景が見えるらしい。
この人絶対過去に女の子ココで口説いてるよ。。。。

料理も美味しく、本格的な本場のトムヤムクンとか初めて食べた。
他の料理は味のベースが中華っぽい。醤油だし。
台湾の人もそういってた。

そんでまぁ、食べ終わった後に夜景を見に行く。
あんまり英語が話せないので、なんか一人で夜景を見ている気分。
なんか、色々思い出すな。。。。一人で夜景とか。

で、彼らをホテルまで送って行った後、帰りの道中カミンと話をしていると、
さっきいた女の人は、台湾のコレクターらしい。
カミンの作品やプロジェクトを見に来てくれたらしい。。
てっきり古い友人が訪ねてきたと思ったら、去年一回会っただけかい。。。

家に着くと9時。
カミンはメチャ眠そうで、すぐ寝に行った。
この後市内に自転車で行ってくると伝えると
驚いた顔をして、俺は行かないから一人で行ってねと言われた。
大丈夫、自転車あるし。

一応、チェンマイのナイトバザールを見ておきたかった。
アオ(オフィスの女の子)が言うには、
ナイトバザールは観光客向けで
サンデーマーケットが地元の人用で、食材とかもたくさん売っていて
規模もナイトバザールより大きいそうだ。
誘ってくれたけど、残念ながら日曜は既に台湾。
あぁ、、、、行きたかったなぁ。

で、自転車で市内を小一時間走ったところで、案の定また迷子になる。
もう、全然地図がわかんない。
標識が全部タイ語だから。

で、あきらめて家に帰ろうと走っていると
ナイトバザールの英語の看板が!!
おぉ、かなり遅くなったけど、ちょっと寄ってみよう。折角だし。

近くに自転車を止め、歩いて行くと屋台がずらーっと並んでいる。
結構な規模だ。
バンコクのシーロムにあるナイトバザールよりデカイ。
ただ、品揃えはやっぱり観光客向け。
Tシャツとか、時計とか鞄とか置物とか。
どうせ荷物になるので買えないから、いつも通り売ってる人たちの観察をして歩く。

道の真ん中ぐらいで、広場になっている場所があり、入って行くと果物の屋台が見えた。
シェーク屋さんっぽい。。
けど、英語で「マンゴー ウィズ スティッキーライス」と書いてある。
!!!!
おぉ、コレは夢にまで見た、ココナッツミルクのかかった甘いタイ米とマンゴーのデザート!!
食べなきゃ食べなきゃ。絶対食べなきゃ。
注文すると一個40バーツ。結構な値段。
けど、マンゴーが1個、タイ米が茶碗に1杯半ぐらい。
かなりのボリューム。朝だったら、朝食になりそうな量だ。

写真を撮ってから、モシャモシャ食べる。。。あぁ、美味い。
けど、東京で食べたのはタイ米が冷たくて美味しかったなぁ。。
やっぱり屋台だと、それは無理か。。。。。ちょっと残念。

おなかもいっぱいになったので、セブンイレブンでビールを買って飲みながら帰る。

あぁ、いい一日だった。。。

明日は、先ほどの台湾のゲストさん達と一緒にランドの見学。
そういえば、まだ行ってないや、、、、、。

終わったらギャラリーでも見に行こう。
で、帰りに、オムのコーヒーを飲みに行こう。
あぁ、幸せ。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

唐辛子食っちゃったんだ~残しちゃいけないって思うわな確かに。
お腹気をつけてね~

仕事でやってるタイのアート事情調べで、landが出てきたけど
一過性のプロジェクトっていうより事務所構えて長年継続で展開してる感じなんですか?
webがタイ語でよくわからんのよ...
SEARCH
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。