スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22日目


午前中、池崎さんと近くの市場に野菜を買い出しにいく。
やっぱり中国は野菜が安い。
トマト4個、タマネギ1個、人参2本、セロリ1本、ジャガイモ2個買って150円ぐらい。
さすがにBigAも負けた。。。


美院にもどりミートソースとグラタンを仕上げる。
中国に滞在すると、中華料理ばかりでさすがに飽きてくるらしい。
それで、あまり食べる機会の無いグラタンを作る事になった。


で、そもそもなんでBBQかと言うと、岩間さんが来月ぐらいから半年間妻有に出品するために帰国するので、その前に知人を呼んでBBQでもしよう!と言う事らしかった。
それにおよばれした訳ですな。

お昼過ぎに吉野さんが合流し、中華鍋一杯のグラタンをもった池崎さんと吉野さんの3人でタクシーに乗り合わせ岩間さんのアトリエに出発。


けっこう郊外にあるため、場所がみんなよく分からない。。。。
行き過ぎて引き返してを繰り返しながら小一時間も走るとアトリエ街に到着。

中に入っていくと既にBBQは始まっているようで
結構な人数が集まっていた。
若い人とおじさん達が半々だろうか。。

中に一人せわしなく動いている男性が一人。
、、、、、この人が岩間さん?


挨拶するも、料理の準備やゲストのケアであっち行ったりこっち行ったり。
あまりはなせそうにない。
台所を貸してもらってグラタンをあっためる。

テーブルに出すと、おじさん達が
「イタリアの麺料理だ。」とか言ってた。

さっそくBBQに参加。
羊肉を刺した串に、クミンや他の香辛料で下味をつけた物がメインで、
これがめっちゃウマ。
ビールにあってしょうがない。

その後もいろいろな人が続々とやってきた。

中央美術学院に留学しているフランス人や、
在中日本人アーティスト、
ほとんどがアート関係の人かな。。。

しばらく飲んでると、ロウさんもやってきた。

あれ、こないだは来れないような事言ってたのに、来てるじゃん。

途中で焼き方を交代し、近所の若手アーティストと一緒に肉を焼く。

うーん、煙いけどやっぱり楽しいなぁ、焼くのは。。。

暗くなり始めると、爆竹やら花火やら始まりだしてなんとも中国っぽさ満点。

外をいったん片付けて、みんな中に入って飲み直す。

さっき一緒に肉を焼いていたペインターの王君や、李君、林君達と色々話す。
で、インタビュー。
英語はあまり話せない王君から途中で李君に代わり、
30分ほどお互いの作品を見ながらあーだこーだ話す。

王君は「金はないけど、飲んでりゃ幸せだよね。」みたいな意味の
中国語や、
「話さなくてもお酒の中に全部つまってる。」という言葉を教えてくれた。

林君は5月ぐらいに、岩間さんの手伝いで日本にくるそうな。

で、そろそろおいとまとなり、戸田さん達と一緒に別の場所に移動して飲む事になった。

北京最後の夜。
とことん飲みたいが、台北の悪夢がよみがえる。。。。
ほどほどにしよう、ほどほどに。

12時過ぎまで、みんなで羊串を食べながらビールと白酒(アルコール度数50度ぐらい)をのんでいた。

美院に帰ると、門限の1時ギリギリで、警備員さんにちょっと怒られた(ような気がした)。

起きられたら出発前に会いましょうと、戸田さん、秋山さん、池崎さんと別れ、床に着く。

明日起きられるかな。。。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SEARCH
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。