FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29日目



午後からアーティストホテルを探しにいく事にした。

出かける前にホテルの電話を使い、メールの返事のないHimikoさんの友人に電話をしてみる。

電話をすると男性がでた。
おたがいたどたどしい英語で話す事数分、
どうやら彼は今ハノイにいないらしかった。。。。。
ちょうど僕が月曜日にホーチミンに戻るのだが、その日にハノイに帰ってくるようだ。
さすがにこれ以上変更はつらかったので、ハノイの若いアーティストを紹介してもらおうとするが、
出先でメールが送信できないらしく、Himikoさん経由でメールを送ってくれる事になった。
明日1日しかハノイにはいないので、日数的にはギリギリだなぁ。。。。


そんなやりとりの後、昨日聞いた住所の場所へ行く事にした。

近くにいたバイタクのニーチャンを呼び止め、メモを見せる。
すぐにうなずかないので、多分よくわからないんだろう。
このニーチャンはやめて他のバイタクを探そうとすると、
すかさずそのニーチャンが「大丈夫、大丈夫」と言ったジェスチャーで行く手を遮った。

しょうがないので、値段交渉に移った。

事前に宿の人に値段を聞いていたので、それをもとに交渉をする。

このニーチャンがふっかけてきたのは50000ドン。
宿の人に聞いたのは10000ドン。

いきなり5倍。

当然納得いかないので、10000から交渉を始めるも、
ニーチャンは20000からはガンと譲らず、
こちらの言う15000ドンにはならなかった。

じゃあいいよと、見切りを付けて他のバイタクを探そうとすると(これ大事。)
ニーチャンが折れて15000で交渉成立した。


バイクに乗って、しばらく行くと、早速バイクを停め他のバイタクに道を聞いていた。
どうやら本当にわからないらしい。。。。ちょっと不安になってきた。

その後何人かに道を聞き、ようやく着いたところは大通りから路地を入っていったところにある、
静かで落ち着いたきれいなホテル。これ本当にアーティストホテル????

おかしいなーと思って降りると、ニーチャンが急に200000ドン払えと言ってくる。

?!

値段交渉終わった後にふっかけてきよった!
日本円にすると1200円ぐらい。
そんな高いはずがない。

訳が分からなかったので、なんでだって聞くと、
「場所が分からなくて、ここへ来るまでにだいぶ色んなところに行ったから、高くなった。」
と、ぬかしよった。。。

そんなん自分が道知らなかったからじゃん!!!

さすがに90円が1200円になったので、こちらもキレ気味。。。

紙とペンを取り出し、さっきの値段を紙に書いて英語で説明するも、
このニーチャン、値段以外の英語はわからず。。。。。。

それでも200000ドンだと言ってくるので、
英語で説明するのもやめて、
紙にペンで最初の値段を書きながら、日本語で文句を言いまくる。

ニーチャンちょっと萎縮したのか「じゃあ50000ドンでいいよ。」と言う。

「だから、それでも違うんだっつーの!!!」

で、また最初から話を繰り返す。

途中で財布を確認すると、細かい紙幣がなく、10000ドン札しかない。。
これで15000ドンにさせても、絶対お釣り出さないだろうなぁ。。。。

しょうがないので、「20000ドンならいいだろ?」と言うが、
ニーチャンは50000ドンから全く下げない。。

いい加減ムカついたので、20000ドンを押し付けて怒鳴って納得させた。。

本当に後味の悪い。。。。



で、疑惑のホテルのフロントに行き、住所のメモを見せる。。。


バイタクとの一部始終をいていたお姉さん、
ちょっと困惑した顔をして
「違います。」

やっぱり違った。。。。。

あきらめきれなかったので
「ここ、ARTIST HOTELだって聞いたんですけど、、、、」
と、聞くと、

「ここはATS HOTELです。」


アーティスト、、、、
エーティーエス、、、、、


うん。ちょっと似てるね。




って、バイタク テメェ 全然違うじゃねぇか!!!


と、心の中で叫びつつ、、ムカついたので、帰りは徒歩で宿まで帰った。


宿に着くと、Himikoさんからのメールはまだ来ていなかった。。


疲れた。。。。

ビアホイ行って、寝る。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SEARCH
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。