FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32日目



明日は移動なので、ベトナムは今日が最後。

午後から Himiko bisual cafeに行く。

cafeに着くと、Himikoさんが何人かの男性とビールを飲んでいた。

中に入り挨拶をすると、ビールごちそうするから混ざりなさいと言ってくれた。


どうやらこの人達もアーティストのようで、Himikoさんの大学の先輩らしい。
いいなー、、、昼間からビール飲みながら作品の話とかできる場所があるなんて。。。

で、ハノイで収穫がなかった話をしたら、「美大に行けばよかったのに」と言われた。
。。。ハノイにも美大あるんだ。。。というか、最初に教えてくださいよ。

来週の4月24日にホーチミンのドイツ文化館と言うところで
若手のアーティストが100人ぐらい集まるパーティーがあるそうなので、
カンボジアとインドネシアのスケジュールを調整し、
間に二日間だけベトナムに戻る事にした。。。
当然エアアジアなので、バンコク経由、、、、、、、、、、、。
まぁ、、、ベトナムは収穫が少なかったし、しょうがないか。。。。


そろそろおいとましようと思い、オススメのギャラリーの場所を教えてもらう。
「ギャラリークイーン」というギャラリーで割と宿から近くだった。

帰り際、Himikoさんが店員さんにビール代を払っていた。
おぉ、オーナーなのにちゃんとしてる!!
ごちそうさまでした。


Himikoさんとわかれ、バイタクでギャラリーに向かう。

着いたところは、ガヤガヤと街の喧噪あふれる通りに面した場所で、
商店が建ち並ぶ中、そこだけぽっかりとギャラリーになっていた。

ほんとにココかなと思い、外の看板を探していると、中にいた白人のお姉さんが手招きしてくれた。

彼女は、ココのスタッフでソフィーさんといってオーストラリアの人。
閉廊も近かったが、快く招き入れてくれた。

1階はタブローの作品が並んでいた。
フォルムを崩した人体の平面。

2階もギャラリーになっているらしいのであがってみると、キレイなホワイトキューブになっていた。
映像、インスタ、写真、思っていたよりもコンテンポラリーな作品が並んでいた。

下におりると、オーナーのクイーンさんがいた。

感想を聞かれたので、たどたどしい英語で伝える。。。。
なんとか、多少は伝わったみたいだけど、自分の感想を伝えるのはまだ苦手。。。

相手が同じ年ぐらいのアーティストなら、会話は成り立たなくても
お酒さえ飲めばどうにでもなるんだけど、こういうギャラリスト相手に英語は
正直キツイ。。。。

閉廊時間も過ぎていたので、芳名帳に名前を残し宿に戻る。



来週のパーティーに賭けよう。。。。。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SEARCH
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。