FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38日目



明日は午前中にフライトなので、今日がまともに滞在できる最終日。

約束の9時にreyumに行くと、スタッフっぽい人たちがいっぱいいた。
近くにいた人に昨日の名刺を渡すと、その隣にいたひとがチャンさん、その人だった。

挨拶をすると、近くのスクールへ連れて行ってくれることになった。
チャンさんのスクーターの後ろに乗り、すぐ近くの建物へ移動。

中には10人ほどの子供が、絵を描いたりしていた。
今は休み時間なので、みんな外に行ってますとチャンさんが教えてくれる。



チャンさんに施設の説明をしてもらう。

ここはめぐまれない子供達や、美術の勉強を続けたくても続けられなかった若い人に無料で美術を教える施設で、
講師はアーティストや卒業生がボランティアで行っているらしい。
今いる生徒は12歳から24歳まで。
4段階のレベルがあり、それぞれでカリキュラムが違うが、
年齢が違っても同じ机で同じカリキュラムを行っている。
伝統絵画の模写をしたり、風景画の模写をしたり、彫刻のデッサンをしたりと、アカデミックな基本をやったり、
ちょっとした抽象平面や油絵もやっていた。

それプラス、海外のアーティストやらとコラボレートしてワークショップを行っているらしく、
アメリカのパフォーマーとコラボして、ライブペインティングをしたり、
カナダのアーティストがステンドグラスを教えたり、
最近では、日本人のグループが藍染めを教えにきたらしく壁に授業の写真が貼ってあった。

運営は海外の財団などの助成金を使って行っているが、やはり充分ではないらしい。


一通り見学を終えたので、チャンさんにカンボジアの現代アートの状況を聞いてみた。

チャンさんによると、国内にコンテンポラリーのギャラリーやスペースはほとんどないらしく、
そういったアーティストは海外に行って活動をしているようで、
国内にはほとんどいないと言われた。。。
東京でレジデンスを行ったカンボジア人作家もいたらしかったので、
カンボジアに行くより、東京にいた方が会えるのかもしれない。。。。
う~ん、残念。

けどまぁ、近くに王立の美大があるらしいので、行ってみることにした。

歩いて数分のところに美大があった。

が、門には警備さんっぽい人がいて、入り辛そうだったので、周りをウロウロしてみる。

すると、シックロー(バイタクの自転車版)のオッチャンと学生っぽい少年が話していた。
近づいていくと、ここは美大だよとオッチャンが説明してくれた。
塀の向こうでオッチャンと話しているのは息子らしかった。

チャンスと思い、作品を見せてと言うと、奥の教室から油絵を一枚持ってきてくれた。
そこにはカンボジアの伝統的なモチーフなのか、半鳥っぽい面の神様らしきものが描かれている。
気に入ったかと聞かれたので、良いよ良いよーと言うと。
「買ってくれる?」と聞かれた。。。

完全に土産物屋に売ってそうな絵だったので、丁重にお断りをする。

この子達は将来そうやって生活をするのかなー、、、とか想像する。

校内も見たかったので、その子のお願いすると、塀を乗り越えてこちら側に来てくれた。
入り口まで一緒に付いてきてくれるようだ。

で、中に入ってしばらくウロウロするが、

この時は、彫刻と平面しか見つけられず、
そのどれもが伝統的っぽいモチーフだった。

一人ぐらいヘンテコリンな学生にあいたかったなぁ。。。。

美大を後にし、宿に戻るが、特に行く場所もなく、また下のカフェでレモンソーダを飲んでダラダラする。

まぁ、、、、、たまには悪くないか。。。

夕飯は現地で知り合った日本人グループと、そのウチの一人がナンパしてきた
キャピトルの受付のオネーちゃんと一緒に近所の中華屋に行く。

ここで久しぶりの皮蛋豆腐と再開するが、
台湾で食べた皮蛋豆腐と違い、全てが細切れになっていて、薄めの味付けでパクチーと和えてあった。
不味くはないが、ちょっと残念。
餃子も北京の食堂の方が美味しかった。

帰りに屋台でフルーツシェークを頼む。

マンゴーシェークが飲みたかったので、マンゴーを置いてある屋台を探すが
そこにもなく、お店の人に聞くと「あるよ、あるよ。」と言うので、座って待っていると、
どっかからマンゴーを買って持ってきた。

そういう事か。。。


しかも、全然でてくる気配無し。

お店のネーチャンを見ると、さっき買ってきたマンゴーを食べながら微笑み返してくれた。



いや、、、それ俺のマンゴー。。
嬉しそうに食べてないで、、、、早く。。。

しばらくして出てきたマンゴーシェークは予想以上に美味しく
一口含むとマンゴーの甘い香りが鼻腔に抜け、
飲み込むとシェークの冷たさと、マンゴーと練乳の甘さが舌に残り、
甘酸っぱいマンゴーの香りがしばらく続き消えていく。。。

これで30円程度。。。
カンボジアも悪くないじゃん。と思える瞬間だが、

シェークで中った(かもしれない)石田さんのことが脳裏をよぎる。。。。。



美味しいし、、、、まぁ、、いっか。。





(案の定、1週間近く下痢が続いた、、、、、。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SEARCH
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。